2015ディズニーハロウィンでアリスに衣装したら懐中時計も一緒に持っておきたい。

3e90db864e8f0837a6b694ab8943976d_s

2015ディズニーハロウィンが9月8日から11月1日まで開催中ですが、ハロウィーン当日の10月31日は、行く人みんなが仮装していますね。

イベントではアリスに仮装する人(子ども)が特に多いですが、みんな同じ格好をしているので、どこかオリジナリティーを出さないといけないと思いませんか?

そこで、アリスに仮装したときにオリジナルポイントを出しやすいのが懐中時計!

ちょっと、アンティークっぽい懐中時計を胸元にぶら下げるだけで、目立つことができますよ。

スポンサーリンク
 

不思議の国のアリスの白ウサギ

不思議の国のアリスで、実際に時計を見ているのは白ウサギ(時計うさぎ)。

物語の冒頭でチョッキをきた白ウサギが時計をみつつ「大変だ、遅刻する」といいながらアリスの目の前を横切ってうさぎの穴の中に飛び込んでいく。

それを不思議に思ったアリスが白ウサギが入った穴の中へ入っていった。

そこが不思議の世界への入口だった。

白ウサギが持っていた時計

物語の冒頭で、もっともインパクトのある瞬間ですね。

ここで白ウサギが持っていたのが懐中時計。

この懐中時計をもってハロウィン当日にアリスに仮装すればあなたも不思議の世界へいけるかもしれない。

⇒不思議のアリス風懐中時計の詳細はこちら

アリスに仮装する人は、この時計を持っていることが多い。

しかし、これでは周りの人とかぶってしまうので、個性を出すためにも少し趣向を変えてみませんか?

⇒アンティーク懐中時計

本格的な機械式ムーブメントを搭載しているので、アリスの時代に使われていた時計とほぼ同じ精度です。

見た目のユニークさに加え、アンティーク感もでているのでアリスの衣装にマッチします。

この懐中時計をつけて、ハロウィンを楽しんでみるのもいいかと思いますよ。


コメントを残す

サブコンテンツ

スナップ式裏蓋の電池交換で注意するのは開けるときと閉めるとき

腕時計のスナップ式裏蓋が閉まらないときは、裏蓋閉め機を使うと簡単に閉まる

裏蓋がスクリュータイプの腕時計を電池交換する方法

腕時計のバンド交換はバネ棒の外し方を覚えれば簡単にできる。

腕時計のリューズが取れたときの対処法

このページの先頭へ