1c5a8e4e351d923996ee0a3c33695fff_s

東京モーターショー2015で展示された車はすごかったが、これに日産が作った時計も合わせて見てほしい。

スポンサーリンク
 

第44回東京モーターショー

東京モーターショーでは行き先を入力するだけで、目的地まで連れて行ってくれる車が一番の目玉となり注目を集めていましたが新型の軽自動車「TEATRO」もすごい。

なんとインテリアが真っ白。

その白いインテリアをスクリーンにしてテレビやゲームをすることができるほか、自分の好きな模様を設定することもできる。

まさに未来を想像して作った車と言える。

 

⇒第44回東京モーターショーの日産自動車はこちら

 

形はモコやデイズルークスに似ているので、ファミリー向けに作られたとおもいますが、正面から見るとちょっとアウトドア向けの顔をしていまますね。

アウトドア向けの顔をしている車には、車だけじゃなく服装もそれっぽくしたほうがいいと私は思っている。

その中でも時計が一番合わせやすい。

日産の時計

日産は何も車だけ開発販売しているわけじゃない。

車の会社だけあって、男性向けの時計を販売していますが「NISMO」というロゴがいたるところに入っている。

NISMO:ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル

 

時計は3種類ありそのどれもが30代以上を狙って作られたもので、20代が付けるにはちょっと恥ずかしいと思うかもしれない。

 

PREMIUM クロノグラフチタンウォッチ シルバー

bandicam 2015-10-29 14-38-08-079

クロノグラフチタンウォッチ

bandicam 2015-10-29 14-38-18-936

リストウォッチ ホワイト

bandicam 2015-10-29 14-38-51-163
日産が作っている時計として、レア感もあり日産の車が好きなら一度腕に巻いてみるのもいいかと思う。

「これ、日産が作っている時計なんだ」

と話のネタにできるかもしれない。

 

日産の車に乗り、日産の時計をする。

なんかカッコイイではないか。

日産の時計を購入するには「日産ブティック」に行くか「ニッサンオンラインショップ」のみです。

【まとめ】

東京モーターショーで新型の軽自動車「TEATRO」が発表されました。内装を全てモニター替わりにすることで、テレビだけじゃなくゲームも楽しめる、まさにファミリー向けの未来車といった感じです。

スポーツタイプを思わせるフェイスなので、日産が作っている時計が合わせやすいかと思いますよ。