CIMG0988

腕時計のバンドを交換するときはたいてい、ちぎれたり、汚れたり劣化したなど、「もうこのバンド使えない」ってときに交換しますよね。

なかには自分の好みのバンドをつけたいから交換するという人もいますが少数です。

バンドの交換はメーカー、時計屋、電気屋など腕時計のバンドを販売していて、スタッフがいれば簡単にその場でやってくれます。

※メタルバンドや特殊なバンド以外の話です。

スポンサーリンク
 

バネ棒タイプのバンド交換なら誰でもできる!

【バンドの外し方】

このまえ、ダイソーから大量に時計を購入してきたのでその中の1本を使って説明しようと思います。

デジタルウォッチフィールダー

CIMG0982

裏返すとバンドの付け根に金属の棒があります。

CIMG0983

※赤丸の部分

これがバネ棒です。

 

外す道具はこちら

ベルジョンのバネ棒外し。

このバネ棒外しが一番外しやすいです。

bandicam 2015-11-13 15-21-35-355

こっちのバネ棒外しは、強度が弱いので使いにくいですね。

↓ ↓ ↓

bandicam 2015-11-13 15-22-18-149

2回ほど使ったら折れたので、もう使っていません。

これを使うくらいなら、マイナスドライバーを使ったほうがまだいいです。

 

バネ棒外しの割れている方をバネ棒にあて、引くと外れます。

CIMG0984

これがバネ棒

CIMG0985

バンドを付けるときは、バネ棒用に穴があいているので片方を先に入れます。

CIMG0986

CIMG0987

飛び出ているバネ棒はバネ棒外しで下に押していれてください。

これでバネ棒タイプのバンドは交換できます。

一連の流れを動画にしました

ドライバーで代用

上記で説明したバンドが付いている時計は、バネ棒外しを購入しなくてもマイナスドライバーがあれば簡単に交換できます。

バネ棒に引っ掛けるだけなので、薄くて硬い金属ならなんでもいいのです。

ただし、磁石が付いていないことが条件。

時計が磁化した場合、時間がくるってしまうので気をつけてください。

まとめ

バネ棒タイプのバンドは簡単に交換することができます。

必要なのはバネ棒外し(ベルジョン)ですが、なければマイナスドライバーで代用可能です。