世界初の時計。

【書き時計】を22歳の大学生が作成したとして話題になっていますね!

動画をツイッターに投稿するとリツイートが17万回を超え、世界でも話題になっています。

スポンサーリンク
 

それにしても発想がすごいですね!

bandicam 2016-02-14 15-30-25-276

ツイッターで話題の「書き時計」の動画はこちら

俺の卒業制作

書き時計

K/$uzukiさんのツイート動画をそのまま引用してきました。

 

数字を表示するところはデジタル時計のようですが、

マジックで数字を書いているのでアナログになるのかな?

デジタルとアナログ...

やっぱり「書き時計」という言い方がしっくりきますね。

 

海外の反応がすごいことになっている?

「書き時計」は海外でも話題となっています。

・美しい

・やはり日本か。彼らはいつも俺を驚かせてくれるね。

・これならずっと見てられるな。マジで

・クーーール

・カッコウは出てこないの?

書き時計が海外で「すごい」と

話題になっているというので調べてみましたが、

なんか微妙な意見もありました。

 

否定的な意見というわけじゃなくて、

反応が薄いかなという感じですね。

スポンサーリンク
 

仕組みはどうなっているのか

書き時計の仕組みについて山形新聞が

制作者の鈴木さんにインタビューしていますね。

 

YouTubeに動画があったのでどうぞ。

 

パーツの切り出しからすべて手作業でつくったと話してます。

オリジナル時計を作ったのは日本人がまた増えた!

江戸時代から明治初期にかけて制作・使用されてきた

不定時法用いた「和時計」をつくった田中久重。

 

不定時法を利用した腕時計を制作した菊野昌宏。

日本人で唯一、独立時計師として認められた人です。

 

菊野先生にはドライバーの柄を作成するときに

指導してもらったことがありますが技術力が高くて、

要点を抑えて教えてくれるのでわかりやすかったです。

いまでは、いい思い出です。

 

「書き時計plock(プロック)」を制作した鈴木完吾。

東北芸術工科大学でデザインを学んでいる学生です。

「時間を機会が書いた字で表したら面白いのでは?」という考えから制作。

 

芸術としてこの時計を制作したようですね。

すばらしい。