30年くらい前のクォーツ時計は一癖ある

こんにちは、おがまです。

最近はwed漫画のワンパンマンにはまってます。

サイタマ(ヒーロー名:ハゲマント)の圧倒的なパワーよりも、タツマキ(ヒーロー名:戦慄のタツマキ)の超能力がほしいかな(´∀`)

(。`・∀・´)⊃エイ

スポンサーリンク
 

古いクォーツ時計の電池交換

さて、古い時計の電池交換をするときに、でかいマイナスネジ(赤丸で囲んでる部分)みたいなのがあります。

たぶん30年くらい前にセイコーが作ったムーブメント。

 

これって実は時計の時間調整をするためについているもので、

何も知らずに回してしまうと時計の針が進むのが早くなったり遅くなったりします。

なので、このタイプのムーブメントを使用している時計の電池を交換するときは回さないでくださいね!

もし、回してしまったら勘で調整するか、お店持ってってくださいね。

 

時計の進み遅れが気になる

時計の進み遅れが気になって、どうしても自分で調整したい時は NEW TECH HANDY(ニューテックハンディ)にセットして、歩度を測定しながら調整していきます。

でもこのNEW TECH HANDYが高い!!

>>目玉が飛び出る値段はこちらΣ(゚д゚lll)

 

たまにヤフオクで売ってる人がいるけど、安くないんですよこれが...。

じゃーどうするかっていうと、やっぱり時計屋に持ってくしかないかなぁ

お客さん⇒時計店⇒メーカーor修理専門会社⇒お客さん

という流れで時計が戻ってくるので、2週間はかかると思います。

 

ムーブメントは製造していない

このタイプのムーブメントは製造してないのでムーブ交換はできないです。

電池交換しても不具合が治らない場合は、

オーバーホールして使うか記念として飾っておくかの2択。

 

古すぎる時計は裏蓋を開けただけで壊れたりするので、時計修理士さんが嫌がるんですよ。

「古すぎて修理できません」と帰ってきたら諦めて思い出にしてくださいね(・∀・)


コメントを残す

サブコンテンツ

スナップ式裏蓋の電池交換で注意するのは開けるときと閉めるとき

腕時計のスナップ式裏蓋が閉まらないときは、裏蓋閉め機を使うと簡単に閉まる

裏蓋がスクリュータイプの腕時計を電池交換する方法

腕時計のバンド交換はバネ棒の外し方を覚えれば簡単にできる。

腕時計のリューズが取れたときの対処法

このページの先頭へ