2419acb357d87d4259081ab379417fe5_s

以前、湿気の多い日本で非防水の時計を見ることはないだろうと記事に書きましたが間違いでした。

普通にダイソーに非防水の時計が並んでいました!

スポンサーリンク
 

ダイソーに非防水時計が陳列

非防水時計といえば、パーティ等につけていくレディースのドレスウォッチだけだと思っていたので、かなりの衝撃をうけました。

 

そして陳列していた時計を全部買ってきました。

全部で6点の非防水時計です。

CIMG0910

ダイソーの中でも一番プッシュされていたのがこちらの時計。

Digitalタッチウォッチ

CIMG0916

安いし、説明書に英語で書かれている部分があるので、中国製かなと思っていたらまさかの日本製。

会社名も住所も記載されているので間違いない。

 

電池もしっかり入っているので、買った時点で元は取れていますね。

 

裏蓋をあけてみた

CIMG0918

作りは簡素ですけども、普通に使うには問題なさそうです。

裏蓋にパッキンが入っていないので、非防水なのは確かですが、パッキンだけ買ってきて入れるという手もあるかな?

でもそこまでして、使いたいとは思わないので、親戚の子供にあげることにしよう。

 

裏蓋を開ける時の注意点

ネジ4つでとまっていますが、裏蓋を開けるときは4つのネジを均等に緩めていって、外したほうがいいです。

ネジが裏蓋に固定されているので、ネジを回す裏蓋も浮いてきます。

無理に1本1本外そうとすると、ケースが変形する可能性大です。

 

バンドに穴があいていない

CIMG0920

腕に巻こうとしたら、パンドに穴があいていなかった!

どうやら自分で貫通させて使うようですね。

 

ちょっと面白い(・∀・)

 

まとめ

・ダイソーの時計で売ってる100円の時計は非防水だった。

・裏蓋を開けるときは、ネジを均等に回していかないとケースが変形する恐れがある。