51c07b696f6033a64141bc9dc207293c_s

腕時計をしたまま海やプールで泳ぐには、100m防水以上の時計が必要になってきます。

スポンサーリンク
 

100m防水って何?

100m防水の時計は「空気潜水時計」と呼ばれるものです。

表示されている水深(例:100m)までの耐圧性と長時間の水中使用に耐える防水性を備えています。

潜水時間、減圧時間を測定するのに必要な回転ベゼルなどの装置付で、ボンベに圧縮空気の呼吸気体を入れて浅海で潜水する時(スキューバダイビングなど)に使用する時計です。

飽和潜水用に使用することはできません。

※日本時計協会

 

10気圧防水

10気圧防水の時計は「日常生活用強化防水時計」と呼ばれるものです。

水上スポーツ(水泳・ヨット・つりなど)及び素潜り(スキンダイビング)をされる方にお使いいただけます。

飽和潜水用や空気潜水用に使用しないで下さい。

※日本時計協会

 

表示の違い

10mで1気圧となるので、10気圧は100mまでの水圧に耐えられることになります。

 

「じゃー100m防水でも10気圧防水でも、どっちでも同じじゃん」と思うかしれませんが全く違います。

 

10気圧防水は100mの深さで全く動かなければ大丈夫という意味で、100m防水は100mの深さで動き回っても大丈夫ですよという意味です。

 

泳いでも大丈夫なの?

どっも100mまで耐えられるなら泳いだりしてもいいのと、思うかもしれませんが10気圧の場合は時計の構造を確認する必要があります。

 

10気圧防水と表示されている時計でも、リューズがネジロック式(スクリュー)じゃないと時計内部に水が入ってくる可能性があります。

泳いでいる最中に衝撃でリューズが引かれて、水が浸入してくる可能性があるからです。

 

もう一つ、裏蓋がネジタイプかスクリューバックになっているか。

もしスナップ式の裏蓋ならまずいです。

とくにファッションだけ目的に作られた時計は注意が必要です!

 

購入前に確認

泳ぐことが目的で防水時計を購入するのなら裏蓋がスクリューバックで、リューズがネジロック式(スクリュー)の時計を選ぶと確実です。

ショップ店員でも10気圧防水と100m防水は同じだと思っている人がいるので、アドバイスをもらいたいのでしたら時計専門店に行くといいです。

 

まとめ

・10気圧(ber)防水と100m防水は全くの別物です。

・10気圧の時計は水上で使っても大丈夫ですが潜ることはできません。

ちなみにお風呂やシャワーをで使用すると、お湯(金属の収縮に影響)や石鹸なども付着するのでパッキンなどが劣化しやすい。

・購入前に裏蓋とリューズがスクリュータイプなのかチェックが必要。

 

最後に

防水という文字だけをみて、この時計は防水だから水に濡れてもいいんだと思わないでください。

 

例えば、3気圧防水は30mまでの水圧に耐えることができますが、注意書きには「汗」や「水しぶき」程度にしか耐えられません。

5気圧の時計も同じ程度の防水性能です。

 

自分が使う時計が何気圧(ber)なのか、よく見て使ってくださいね。