腕時計の防水性能で100mと10気圧(ber)は違うよ!

51c07b696f6033a64141bc9dc207293c_s

腕時計をしたまま海やプールで泳ぐには、100m防水以上の時計が必要になってきます。

スポンサーリンク
 

100m防水って何?

100m防水の時計は「空気潜水時計」と呼ばれるものです。

表示されている水深(例:100m)までの耐圧性と長時間の水中使用に耐える防水性を備えています。

潜水時間、減圧時間を測定するのに必要な回転ベゼルなどの装置付で、ボンベに圧縮空気の呼吸気体を入れて浅海で潜水する時(スキューバダイビングなど)に使用する時計です。

飽和潜水用に使用することはできません。

※日本時計協会

 

10気圧防水

10気圧防水の時計は「日常生活用強化防水時計」と呼ばれるものです。

水上スポーツ(水泳・ヨット・つりなど)及び素潜り(スキンダイビング)をされる方にお使いいただけます。

飽和潜水用や空気潜水用に使用しないで下さい。

※日本時計協会

 

表示の違い

10mで1気圧となるので、10気圧は100mまでの水圧に耐えられることになります。

 

「じゃー100m防水でも10気圧防水でも、どっちでも同じじゃん」と思うかしれませんが全く違います。

 

10気圧防水は100mの深さで全く動かなければ大丈夫という意味で、100m防水は100mの深さで動き回っても大丈夫ですよという意味です。

 

泳いでも大丈夫なの?

どっも100mまで耐えられるなら泳いだりしてもいいのと、思うかもしれませんが10気圧の場合は時計の構造を確認する必要があります。

 

10気圧防水と表示されている時計でも、リューズがネジロック式(スクリュー)じゃないと時計内部に水が入ってくる可能性があります。

泳いでいる最中に衝撃でリューズが引かれて、水が浸入してくる可能性があるからです。

 

もう一つ、裏蓋がネジタイプかスクリューバックになっているか。

もしスナップ式の裏蓋ならまずいです。

とくにファッションだけ目的に作られた時計は注意が必要です!

 

購入前に確認

泳ぐことが目的で防水時計を購入するのなら裏蓋がスクリューバックで、リューズがネジロック式(スクリュー)の時計を選ぶと確実です。

ショップ店員でも10気圧防水と100m防水は同じだと思っている人がいるので、アドバイスをもらいたいのでしたら時計専門店に行くといいです。

 

まとめ

・10気圧(ber)防水と100m防水は全くの別物です。

・10気圧の時計は水上で使っても大丈夫ですが潜ることはできません。

ちなみにお風呂やシャワーをで使用すると、お湯(金属の収縮に影響)や石鹸なども付着するのでパッキンなどが劣化しやすい。

・購入前に裏蓋とリューズがスクリュータイプなのかチェックが必要。

 

最後に

防水という文字だけをみて、この時計は防水だから水に濡れてもいいんだと思わないでください。

 

例えば、3気圧防水は30mまでの水圧に耐えることができますが、注意書きには「汗」や「水しぶき」程度にしか耐えられません。

5気圧の時計も同じ程度の防水性能です。

 

自分が使う時計が何気圧(ber)なのか、よく見て使ってくださいね。


One Response to “腕時計の防水性能で100mと10気圧(ber)は違うよ!”

  1. watanabe 9900 より:

    わかりやすい客観的なまとめで好感をもちました。ですが10気圧防水と100m防水の記述は正確では無いようにおもいます。
    ーー10bar 防水と 100m 防水は全く別 ーー ではなくって防水性能を重視する時計はおおむね気圧表記ではなく深度表記の場合が多い とうことではないでしょうか。まず規格について。
    国内規格についてですが 10 気圧防水は静かに10気圧で防水試験をしますが 100m 防水の表示にするには 静かに12.5気圧で試験をします。この2.5気圧の差が もし 100m の水深で動いた際でのマージンの違いになっているだけで、通常 30m までしか潜れないタンクを背負ったダイビングでは 10bar も 100mも静圧試験だけではさほど差は出ないです。ただしXXm防水と表記のある日本製のダイバー時計は他にもいろいろやってあることが多いので差が出ますし、20m潜って水中でいろいろするんなら 安全側のマージンの多い200m 表記のダイビング用のほうが良いということではないかと思います。命がかかってますからね。

    では実際のダイビングではどうかというと、ダイビング用として作ってあるかの違いが出るようでして、そこがいいかげんだと水没する時計がけっこうあります。どういうときに水没するかですが 一番多いのは水深10−20mくらいで時計を岩や自分の機材等に当てたときではないかと思っています 自分でもけっこうな数のこのような事例を見ました。強くではなくコツン程度でもダメな物はありまして、安物はだめね とわかる瞬間です。
    経験上 有名メーカーのダイバーズでないものはけっこう水没すると知っています。目安として電池交換と耐圧試験がセットでサービス項目になっていないメーカーや機種は、たとえ水深表記でもだめと思った方が良いです。プラ製の筐体も衝撃には注意のようです。あと 安全率の問題で 100m ではなくって 200m となっているダイビング用をタンクを背負ったダイビングに使うのがいいよということです。ダイビングに限ってのことですが、こういうことは時計店に聞いてもその方に経験がないとわからないですね。
    以上ですが失礼致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

スナップ式裏蓋の電池交換で注意するのは開けるときと閉めるとき

腕時計のスナップ式裏蓋が閉まらないときは、裏蓋閉め機を使うと簡単に閉まる

裏蓋がスクリュータイプの腕時計を電池交換する方法

腕時計のバンド交換はバネ棒の外し方を覚えれば簡単にできる。

腕時計のリューズが取れたときの対処法

このページの先頭へ